ルノーのDCTはEDC(エフィシエントデュアルクラッチ)

VWのDSG、アウディのSトロニックの故障事例は、いいものを長く使う。それが本当のエコ。勘弁してください。
に集めていて、結構な情報量になっているので人気記事ですが、ルノーは?

確か2013年から日本にも順次導入されるようになったルノーのDCT(デュアルクラッチトランスミッション)。
EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)と呼ばれる乾式6速。

まだ、4年経ってない車が多いので、トラブル事例も目にする事はないのですが、ゼロではないのでまとめてみます。

まずはリコールから。

ルノー・ジャポンは8月30日、『ルーテシア』および『ルーテシアR.S.』のEDCトランスミッションに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。
対象となるのは2013年5月10日~10月2日に製造された1036台。
EDCトランスミッションのインプットシャフトシールにて、材質の選定が不適切なため、トランスミッション内部の熱によりシールが硬化するものがある。
そのため、インプットシャフトとの接触面が早期に摩耗し、気密性が低下。トランスミッションオイルがクラッチハウジング側に漏れ、最悪の場合、発進時や登坂時にクラッチが滑り、走行が困難になるおそれがある。
改善措置として全車両、インプットシャフトシールを対策品に交換する。
また、漏れたオイルがクラッチディスクに付着している場合は、クラッチキットを新品に交換する。
不具合は290件発生、事故は起きていない。(18/8/30 レスポンス)

キャプチャー乗りのRさん。2年半、6.3万キロでトランスミッションコントロールモジュール交換だそうです。
その後が気になるのですが、負担額など見つかりませんでした。
このディーラーでも、過去同じ交換事例が1件、修理で直ったのが1件あったそうです。

18年4月 快調そのものだったキャプチャーに異変がっ!走行中、CHECK AUTO GEARBOXの文字。
走りはするものの、 ギアがうまくチェンジしていない感じ。エンジンを止めて何回か掛け直すと戻ります。
ディーラーに連絡すると「センサー関係のトラブルの可能性もあるので、 乗りながら様子を見てくださいとのこと」
その後300キロほど問題なく走りましたが、再び警告。
今度はエンジンを掛けるたびに点灯。走ることは走ります。ただ、バックを認識しないときがある。ディーラーへ。
ググってみましたが、EDCにはありがちなトラブルで、ATフルード交換やバッテリー等の原因の他、
偶数ギアの2,4,6、バックを認識しないトラブルが発生していて、その時は重症。コンピュータのリセットか、コンピュータとEDCをつなぐトランスミッションコントロールモジュールの交換が考えられるよう。(部品だけでも30万円近く)
チェックの結果、この部品の交換となりました。
距離が3千キロ超えていて、新車保証の対象外となってしまう。
ディーラーの方で、「3年以内でこれでは申し訳ない」とメーカーと交渉してくれるとのことです。
が、そこそこの出費は覚悟せざるを得ない状況。

こちらも、キャプチャー乗りのCさん。
3年で7万キロちょっとと、仏車乗りとしては、かなりのヘビーユーザーですが、
同じディーラーで、3年6万キロオーバー、ユニット自腹交換事例があったそうです。

その他、知ってる人は知っている(笑)ルノーディーラーの対応など、
初仏車をお考えの方にぜひ見ていただきたいと思ったので、少し長いですがどうぞ。

17年5月 6万キロ目前。この半年で、ブレーキパッド・ローター、タイヤにバッテリーも交換し万全を期してましたが、走行中に警告メッセージが点灯しギア抜けが発生。
30分程エンジンOFFで待機しているとメッセージが消え、一旦症状は解消されました。翌日Dに出向くも対応がイマイチで、別Dにて再点検。「異常ログを確認したので、メーカーからの指示待ち」てコトで1週間待ちです。
その間に再度、check auto gearbox警告点灯!
Dから「代車は今月中は貸し出し不可」「修理はいつ完済するか不明」というニュアンスを伝えられ、仕方ないので代車を自前で手配し、レッカーでDへ。
にも関わらず、夕方になって「車は一旦お返しします」と連絡が入り、「出来るだけの処置を最優先で施したので、これでしばらく様子をみて欲しい」 と言われました。?事情を追及すると、
今回の様なEDCの不具合については、メーカーからの指示に基き段階的に処置が施されるというのがディーラー対応。
で、問題箇所を特定する為に、不具合が出た側のモーター部分を、もう片方と入れ替え、普通に乗ってもらい、次に現われる誤動作(エラー)待ちってコトになってマス。
つまり我が家は試験走行を強いられてる状況。
6月 その後、千キロ走ったくらいに、走行中エラーメッセージが3秒間ほど点灯。
しかし、懸念のギア抜けの症状は現れず、Dで診断するもログが検出されず。
ログに異常が検出されない状態が安定した状態であるかと言うと、そうではなくシフトタイミングにムラが出たり、多少気になる変化(症状?)を感じるコトもあり。
7月 愛車が初車検を迎え、約一週間の代車生活デス。距離7万キロ。
その後、「必ず現れる」と言われた『次なるエラー』は出ておらず。根本的な原因と 改善への手掛かりは掴めないまま、やむなく運転を続けてマス。
本来ユーザーにとってDは頼れる窓口な筈だケドも、質疑応答は成立せず、伝言伝聞も定型通りで如何にも保身に偏った対応には理想を裏切られる思いデス。
8月 車検直後、まさかの不具合発症。先回同様のログが検出され、これに伴いユニット交換決定です。
最初の不具合発症から2ヶ月半、2,500㎞、毎日が不安でした。
「必ず再発するエラー」 と分かってて、何故この時間が必要だったか。
原因の特定は出来たのか?さらに その改善策はどうなのか?詳しい説明がない。
9月 やっと本国より部品が到着し移植完了。1ヶ月長かったケド愛車との再会は最高に嬉しかったデス。
不具合発症後に感じて来たシフトの違和感は、おかげさまで解消した様に感じマス。
Dにて詳細を確認したところ、今回交換したのはICユニットが組み込まれたパーツで、どうやら改良品ではある模様。
ちなみに同時期の部品を搭載した車で、やはり6万キロ超過で同症状に至った事例があるそうで、実費約30万円とのコト。
これから新車で購入される方は、延長保証に入っておかれるコトをお勧めしマス。
ちなみに今回の様な補償の記録は「リペア記録」として秘蔵されるものの、当事者ユーザーに対しても書面等発行はされない仕組みとなっている様です。
「欠陥隠蔽じゃないン?」 とも感じられる態勢だケド。

スポンサーリンク



コメント

  1. Hige103 より:

    2014.12購入したキャプチャー、24000kmくらいで、Dレンジで走行中、一旦停止から、再発進できず。エンジンは、アクセル踏んでもアイドリング状態。ギアが繋がら無い様子。エンジン掛け直しで戻る。とという事象が、2回発生しました。ディーラーにてログを見てもらったところ、EDCにエラー。原因不明で、入院中。ディーラーより連絡あり、ECUのプログラム書き換え、リセットを試みるとのこと。2,3日、ディーラーで様子を見るが、症状が出無い場合は、一旦返して、様子見となったが、2,3日過ぎても、クルマが帰って来てません。ECUのプログラムを書き換えるということは、制御アルゴリズムのバグがあるかも知れませんね。(ホンダのフィットやヴェゼルの例)ユニット交換で治るとなるとECUのデバイスの問題もあるかもしれません。将来リコールになった場合には、修理費用は返金するとディーラーのメカニックさんは言ってましたが…

    1. cia より:

      Hige103さん、コメントありがとうございます。
      >将来リコールになった場合には、修理費用は返金する
      という事は有償修理なのですね。
      DCTはどこも、本体を労わるように、ダイレクト感のないように、という制御をする事で、機械としての寿命をのばそうとしているような。(なので、それが行き過ぎると動かなくなる)
      制御プログラムは、日々バージョンアップしているようなので、書き換えで直るといいですね。

コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る