中古車流通のしくみ

中古車流通のしくみ

車の流通は、この20年で大きく変化しています。

業界の裏側を知ることで、車の売り買いに伴う損失をある程度防げます。

まずは昔話から。

むか~し、むかし、車は貴重品。財産じゃった。
なので、「新車で購入すると乗り潰す」というのが一般的だったそうな。
(当時からクルマに乗っている方の中には、中古車=乗り潰したボロ車
というイメージが、まだ残っている方もおられるようです。)

ボロ車でしたから、乗り換えの時には 「持って行ってもらう」=『下取り』 でした。

ですから、その頃の車屋(中古車販売店)は、自社の下取りを中心に、近くのディーラーの下取りを分けてもらいながら、空き地に並べて売る所がほとんどでした。

昔の中古車屋

今は、全然違います。

まず、手放すユーザーの方に変化が出てきました。
3年毎乗り換える方、ライフスタイルに合わせて乗り換える方 etc.様々です。

それに合わせて、程度のいい中古車が増えてきました。
また、クルマ自体の性能がどんどん上がってきました。
(ボディ塗装・部品の耐久性、ケミカル用品・・・)

今は、中古車=ボロ車 ではなくなっています。

中古車がボロ車ばかりでなくなり(=値段が付く車が増え)、
ユーザーの中で「愛車をより高く売りたい」という人が増えてきました。

その頃(15年くらい前)に、『買い取り業』という新しい業種が登場しました。
(トヨタ T-up、ニッサン カウゾーなど、メーカー・ディーラーが『買い取り』を始めるくらい、一つの業種として認知されてきました。)

そして今や、中古車流通の80%がオークションに集まるようになっています。つまり、

オークション流通のしくみ

これが今の中古車流通のしくみです。

中古車(本でも、家でも、どのリユース業界でも)は、売りたい人と、買いたい人がいて、その間のやり取りの中で相場というものが出来、流通が成り立ってきます。

現在の日本の中古車は、このやりとりがほとんどオークション会場で行われるようになってきたので、
そこには、はっきりとした相場(業者間での取引き価格の相場)があるのです。

その、オークション相場が100万円の車があるとします。
買取り店では、80万円くらいで「買います。」と言い、
販売店では100万で仕入れているので、140万円くらいで「売ります。」と言う。
これが適正相場です。

買取り店で「100万で買います」はありえません。
(売れる相場予測が100万円ですから、商売になりません。)
販売店では、「130万円で売ります」はあるかもしれませんが、120万円はありえないのです。

すべて、オークション会場での相場が元になっているので。

今はこの流通のしくみのおかげで、中古車販売店はそんなにぼったくれないんです。
(オークション会場に集まる車が50%もなく、相場がアバウトだった昭和には、
仕入れが不透明だったので、ぼったくれたみたいです。
販売価格も、十数年前のネット社会になる前は言い値でしたし。)

ですから、愛車を売るにしても、中古車を買うにしても、まずは相場を頭に入れて行動しましょう。

用語解説のオークションとは 等もご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA


scroll back to top