知っての通り車は5年で走らんくなるから。買わんきゃダメだ

マツダみっちゃん

いつも書いていますが、普通の車屋さん、ディーラーで、出世する人は、ここの逆をいってる人 なんです。

新車で売っといて、
1年で「もう~あれ走らんぞ」と平気で言える人w
3年で「車検なんかお前、取ったとこ無ぇだろ?お前車検取ったこと無ぇから分からんべ?だから買え」と言える人w

日本一リピート率の低い車屋 と言われ、それを喜んでいるciaの真逆でしょ?

ciaでは、買い替えを促すような言葉は、こちらから一切いいません。
だから、ほぼ中古車しか売っていませんが、7年落ち、9年落ちの物件も多く売っていますが、皆さん7年8年と乗られます。

「それでいいんです。」と言える仕組みを考えたら、完全無在庫になり、ネットショップの今の形になったので。

皆さんも『トップセールスマンみっちゃん』にはお気をつけ下さい。(笑)

しかし、北海道が生んだ大スター大泉洋さんの従兄弟のみっちゃん(当時、某Mディーラー支店長)、
「大スターにふさわしい車に乗れ、買え、毎年買え!」(笑)と営業トークを炸裂。

大泉さんが盛ると、こんなに面白くなるんですね。

99年5月 HTB水曜どうでしょう『アメリカ合衆国横断』より

大泉「みっちゃんていうのは、ただのオレの従兄弟だろ。オレに車を売る従兄弟なんだよ。」
ヒゲ「あれ、ちょっとやってよ」
大泉「お前、あれ、車走るか?走らんべ?したらもう車変えた方がいいぞ、何にする?」
ヒゲ「お前のとこに売りに来るんだよな」
大泉「『したら、お前、色紫でいいな?』いやぁみっちゃんオレ紫は『紫でない方がいいか。したら白だな。今はパールホワイトってビッカビカ光ってるからな。今あれだぞ、カーナビも変わったからな。エッチデーデーだど今。」
ヒゲwww
大泉「『CDから何から、3千曲から入るんだぞ。エッチデーデーだからな。』
ヒゲ「HDDだろ」
大泉「『あれだからな、テレビもあれだど。地デジだぞ地デジ!綺麗だからな。しかしお前、あんな小さい車、中だけこんな豪華にして、お前、値段もある程度するからな!そんだけしたら。いや下取りはもう言うな、お前。カンペキにやってっから。そら、お前な、ビシッとみてるから。』
また真似なんかしてたら言われるな『洋、お前よ、お前真似なんかしたか?オレの。お前、なんか、どこ行っても言われるぞエッチデーデーて、お前。勘弁してくれよな。仕事し難くてしゃーないぞ。」

HBCラジオ『大泉洋のサンサンサンデー』より
出演;大泉洋、オクラホマ(河野、藤尾)

09/4/26の放送より

藤尾「その割には車1つ買うのにも楽しそうじゃないじゃないじゃないですか」
河野「www~藤尾くん!そんな話はせんでええわ」
大泉「何でお前、そんな身内の話までされなきゃいかんの」
藤尾「いやいやだって、収録前ずっと『うわぁ車どうしようかなぁ』」
大泉「また、みっちゃんが『車買え、車買え』言ってくる~もう~困るよ~ホントにもう~」
藤尾「従兄弟なんでしたっけ?」
大泉「みっちゃん従兄弟ですよ。子供の頃から良~く遊ばしてもらってたみっちゃんとはプロレスごっこして遊んでたよ~。
けど、みっちゃん『車買え、車買え』って、買って1年で『車買え』って言うんだもん」
河野「www」
藤尾「早過ぎますよね」
大泉「早過ぎるでしょ?『みっちゃん、去年買ったよオレ』『いやでももう~あれ走らんぞ』って」
オクラ「wそんな訳ないでしょ!」
大泉「そんな車売んなや!って。『いやしかしお前な、良く考えろ。新車出たからな。
お前みたいな仕事してたら、新車買わんきゃダメだぞ、やっぱりな。買った方が良い』つって。
『いやみっちゃん、まだ良いわ』まだいいわ。まだいいわって、ボクまだ2年頑張ったんです。
それでもういよいよ『もう買え』って言われて。
『もうお前そろそろヤバイぞ、ホントな。もう買わんきゃダメだ。車検取らんきゃいけん』つって」
藤尾「普通ですからね。車検取りながら乗るって」
大泉「『車検取れば良いじゃん』
『車検ってお前、車検なんかお前、取ったとこ無ぇだろ?お前車検取ったこと無ぇから分からんべ?だから買え』みたいな
『そんな事で車買う人いる?走るから良いから!』つって・・。
したら、オレw何でこんなみっちゃんの話しなきゃいけないw
携帯に『みっちゃん』って出る訳よ・・。あぁ、また車の話だ・・と思うと、忙しいし、みっちゃんの電話もう出ない訳。
したら遂にみっちゃん、実家に電話掛けて来て。お袋に。
まぁつまりオレの従兄弟って事は、みっちゃんにしてみたらオレのお袋はオバちゃんだから。
『オバちゃん!洋が電話出ねぇ~んだわ!どうしたかなぁ』って。普通考え、察すれば判るだろ~!
あぁ~オレの電話もう出てくれないんだなぁ・・って察すれば良いだろ。
『オレの名前登録してねぇんでねぇか?あれ~。
誰か知らん人だと思ってんでねぇべか?オバちゃん、出ねぇんだよ』」
オクラwww
大泉「お袋と話して、殆んど話を決めてさぁ。ほして、
『あんたみっちゃんに電話しなさい。もういいいから~』ってお袋言うから~みっちゃんにやっと電話して
『お~洋、悪いな、忙しいとこな。あの、オバちゃんから聞いてるべ?そういう事だから!』
『“そういう事だから!”って何?みっちゃん!』
『いやいやいや、そういう事だからな?いいな?そしたらな?したら今度なぁ~、お前ん家行ってなぁ~、もう車下げるから!』
『下げんなって、まだ!まだ乗るから!』
『いやいやいや、もう下げるからな。お前な、もうな、あれだからな、知っての通りETCがもう大変だからな。
あれ手に入らんぞ今。ETC積み替えようと思ったら夏になるからな。あれな、大変だから。
お前に今付いてるヤツをちゃんと積み替えてやるから、な、だからもう下げる』
『下げるって、オレが3年も乗って愛着ある車なんだから、もうちょっと乗るから』
もう次、オレ、居ないべ?大体そう。家帰ったらもう、車変わってるの。」
藤尾「みっちゃんもう~支店長さんに」
河野「完全、大泉さんのお陰で」
大泉「『みっちゃんもう支店長だから良いだろ?』
『いやいやいや、お前な、支店長っつうの判ってないな?大変だぞ?ホントだ洋、買わんきゃダメなんだって
お前、ホントな。良いな?そしたらな?』つって・・」
藤尾「結局決めたんですか?」
大泉「決めたよもう」
オクラ「フッ」
大泉「前に車買おうとした時に、みっちゃんは、オレに色まで指定して来て『したらいいな?これでな?したら色、紫で良いな?』」
オクラwww
大泉「『紫は無いよ、みっちゃん!そんなの乗れないって!』
『何でよ!紫で良いべ?紫だったら、お前、すぐ入れてやっから!』
『いや紫なんか乗らないよ~、そんな派手なの~』
『そうか?したら何よ?白か?白だったら時間掛かるぞ。お前、紫にせぇ紫に』
『ムリだよそんなの~』」
藤尾「それ、売れ残ってんちゃいます?」
大泉「いや、だから残ってんでしょうねぇ?だからすぐ納車できるから紫にせぇ!っつうのよ・・。
そんなとこまでボク言いなりになってね?色も決めれないのか!と。ちょっとボク頑張ったんですよ。
『じゃあ好きな色言え!』みたいな。
ほしたら今日ね?さっきね?お前が聞いてた電話だけどね
『いや洋な、オラもな、お前にな、色を指定すんのは止めた。好きな色言って良いから!』
当たり前だろ、そんなの!そんな大きな買い物すんの、車の色指定できんの当たり前でしょ!」
オクラwww
大泉「もうホントに大変ですよ。『まぁだけど、車検取ってね、もっと大事に乗れば良いじゃない』と話したらね、
『お前しかしな、車なんつぅのは5年で走らんくなるんだからな?』」
藤尾「めちゃくちゃですね」
大泉「『ほしたらな、そん時に新車買うつったって、下取り出来ないんだから。
いま下取り高い内に買った方が結局は安いんだからそうせぇ』つって。
お前らにその話したら『5年で乗れなくなる車なんて無いです』って」
河野「無いでしょ」
藤尾「絶対10年は確実に乗れますよ」
大泉「みっちゃんはそうは言ってないよ。『知っての通り、車は5年で走らんくなるからな』」
オクラ「ww知っての通りww」
大泉「そうやってみっちゃん言うんだもん」
オクラ「(苦笑)」
大泉「お前、みっちゃん車のプロなんだから」
河野「いやいやいや~」
大泉「そのみっちゃんが言うんだから間違いない」
河野「ちょっと1回ちゃんと話し合った方が良いですよ親族同士で」
藤尾「そうですねぇ。まぁこんな言い方したくないですけど、縁切った方が良いんちゃいます?大泉さんのために」
河野www
大泉「何で縁切らんといけない~」
藤尾「完璧に騙されてますよ」
大泉「みっちゃんは超面白いぞ」
藤尾「面白いとかじゃなくて」
大泉「大爆笑するぞ、みっちゃんと電話で話して。」
藤尾「イヤイヤ、面白いかもしれないですけど」
大泉「みっちゃんが言うんだから、間違いないんだとと思うんだぁ。普通の人じゃないんだから。」
河野「随分ごくごく私的な話で・・・」
大泉「みっちゃんなんか、値段の話なんかさせないから」
河野「マジっすか」
大泉「『いや、お前な、金の事は言うな!お前な?』」
藤尾「そこ大事でしょ。でかい買い物ですよ。」
大泉「『目一杯オレやってるから!な?もう金の事は良いからな。もう全部やってっから!こうこうこうで、これで全部良いな?』つって」
河野「え?安くなってる訳ではないんですか?親戚で」
大泉「もちろん安くなってるでしょう!それは」
オクラ「1回調べた方が良いですよ」
大泉「いや調べる必要ないでしょ?みっちゃんが『目一杯やってる』って言うんだから」
藤尾「それ、目一杯ボッてるんですよ。間違いないでしょ。」
大泉「そんなこと無いって」
藤尾「だって、“5年で乗れない”って言う人ですよ?それヤバイですって!」
大泉「そんなこと無いよ、みっちゃん良い人だ。とにかく売って1年で『もう走らんべ?』って言って来るんだから」
藤尾「いやいやいや」
大泉「ほして、こう、車のチューニングをいかにも自分でしてるみたいな、自分で車作ってるみたいな言い方だから。
『今度のはな、お前な、馬力上げといたからな。速くしといたから』あんたが何をした?と。
『速いぞ。今度のはなぁ。いいぞ。』って。今度お前も話してみ?絶対みっちゃんから車買うから。」
藤尾「確かに、みっちゃんが売っている車のメーカーで欲しい車あるんですよ、ボク。ちょっと気になってる」
大泉「あぁ、そんなんイチコロだよ。オレは車買う気ない!って、固く決心してた時に、40分後には『車買う』って言ったんだから。」
河野「天才ですね」
大泉「『イヤ今回は買わない。今回は断る。今回は要らんから』つってビシッと話してる内に、最終的には『じゃあ白にして』」
オクラwww
藤尾「車って、そんな感じで買うものじゃないんスから~。ウキウキして買うものなんスから~」
河野「1回ちょっと藤尾くんやり合って欲しいですねぇ~」
藤尾「1個ねぇ、気になる車あるんすよね」
大泉「もうお前下手したら2台車買わされるぞ」
藤尾「それは無いでしょw」
大泉「『大泉さん、ボク2台買ってしまいましたわ』」
藤尾「何で一人暮らしで2台も買うんですか」
大泉「『2台買った方が得らしいですよ』」
オクラwww
大泉「トップセールスマンだから、みっちゃんはホントに凄いんだよ。皆さんもみっちゃんにはお気をつけ下さい。」

09/5/3の放送より

お便り『大泉さん、ご結婚おめでとうございます~従兄弟のみっちゃんのリアクションはどうでしたか?』
大泉「何で俺が結婚したあとで、みっちゃんを思い出してるの?」
藤尾「みっちゃんのリアクションが気になったんでしょうねぇ。」
大泉「ま、本当に、毎週みっちゃんの話して申し訳ないですけどね、今、大泉家は、みっちゃんが熱いわけですよ。いよいよ車を買うか買わないかの瀬戸際に来てるので」
河野www
大泉「みっちゃんもかなり気合入れてるわけですよ。
河野「はいはいはい」
大泉「だからみっちゃんも密に連絡取ってくるわけですよ。お袋、言ってました。僕の結婚の発表があって、みんなね、 親戚中“おめでとう”みたいな電話がきてる中で、みっちゃんも(電話を)よこしたそうですよ。みっちゃん、僕の結婚には一切触れずに『おばちゃん決めたかい車』」
オクラwww
大泉「『おいちゃん、決めた?あのね、やっぱりね、デカイ方がいいど。結局ね、ご存知の通りね、車っちゅーのはね、5年以上は走らんからね。』」
藤尾「走りますって。」
大泉「洋はね、車検取るっつってるけどね、しかしね、おいさんね、やっぱりね、新車のほうがやっぱ安全だわ。そう考えたらね、やっぱり今だよ、おいちゃん』」
河野www
大泉「お袋もさすがにちょっと怒ってた。『あの人は本当おかしい。この時期に洋の結婚の話題に触れないのは、あの人ぐらいだ』っつって。」
河野「おめでとう、が無かったですか。」
大泉「おめでとう、無かったらしいねぇ。ほいで、最後の電話で親父がグラついちゃって『洋、やっぱりパパは新車が欲しい』って」
オクラwww

コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る