完全無在庫とは

『在庫(店頭に車)が一台もない』 ということです。

昭和の時代から今でも、中古車販売店はほとんどが『在庫販売』です。
(在庫販売とは?在庫販売の車屋さん を参照ください)

在庫販売って、結構コストかかるんです。
(場所代、税金、保険、洗車代、人件費、セキュリティ、車の広告宣伝・・・)
それに加えて、車は時間がたてばどんどん価値が下がります。
(私の車は、年に60万円くらい下がりました。)

ということは、もしこれが在庫としての仕入れだったとして、
二ヶ月売れなかったら 10万円の含み損になっていた ということです。(これもコスト)

これらをまとめて在庫コストといいます。

さて、ここからが問題!これを誰が払うのか?

もちろん、その車屋で車を買ったお客さんです。

みなさん 勘違いしないでください!
たくさん並んでいる展示車、中古車雑誌に載っている車(=在庫車)は、あなたに見比べてもらうために置いているのではありません。
『売るため』にあるのです。そのために仕入れているのです。

ただ、売れるのは30%(よく売れている車屋で。)
その30%の車を買った人が、そのお店の在庫コストのすべてを払っている
ということなのです。

バカらしいと思いませんか?

当社は『無在庫』、だから 在庫コスト¥0!

それをお客様に還元しています。

「完全無在庫がいいのはわかったけど、じゃあ何を売ってるの?」って思いますよね。

簡単にご説明しますと、オークション会場のリアルタイムな情報を全国から集め、
それを元にお車探しをさせていただいております。(詳しくは オークションとは をご覧ください)

この販売システムは、最新の中古車流通システムの活用により可能になりました。
つまり、普通の車屋さんのように
オークション等から仕入れ → 展示 → 広告宣伝 → 来店 → 成約 → 納車
ではなく、
御成約後オークション等から仕入れ → 納車
という情報販売・画像販売により、在庫コスト¥0 を実現したのです!
(この15年で、エンドユーザーが車を手放す際に、「下取り」ではなく「買取り」に出すようになり、
オークションの出品台数が急激に増加し、
ITにより、それをリアルタイムで見たり買ったりが、全国から出来るようになった)

『完全無在庫』は安く買える!の他にも喜んで頂ける事があります。

それは、希望通りの車が手に入る!事です。

最近の車って、ボディカラーが10色以上あったり、内装選べたりしますから、なかなか『希望通りの車』ってなくないですか?

当社の情報量(全国のオークション会場の事前情報)は、約120万台(中古車雑誌約200冊分!)です。

しかも情報は、リアルタイムにどんどん更新されています。
言い換えれば、新鮮な車が常に120万台もある車屋ということです。

ですから必ず希望通りの車が手に入るのです!

これが、『あたらしい車の買い方、完全無在庫です!』

Copyright © 2007 carintelligenceagency All Rights Reserved.

コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る