日産デイズ(三菱eKワゴン)ベースの新型EV【車の懸賞・車情報】

日産プリンス福岡販売×三井不動産商業マネジメントでは、「ららぽーと福岡オープン記念!日産の新型軽クラス100%電気自動車プレゼント」を実施中。
抽選で新型軽EVを1名様にプレゼント。(~5/31)

※期間中にメンバーズページ登録を完了された、三井ショッピングパークポイント会員様
※車種およびグレードは変更できません。
※源泉徴収税は事前にキャンペーン事務局から税務署に納税いたします。
※DMはもちろんご愛嬌で。

豆知識;19年にモーターショーでお披露目されたIMkがほぼ完成形だった日産・三菱の軽自動車EVが発売になります。名前はSAKURA(さくら)?

デイズ・EKがベースなのでこちらに。
(台数もそんなに出ないだろうし、今後プレゼントになる事もないでしょうし。)

EVのプレゼントは、

東海4県日産販売会社グループ「日産リーフ・e-NV200プレゼントキャンペーン」を実施中。
抽選で リーフXとe-NV200を各1名様(計2名様)にプレゼント。(~16/8/31)

※愛知県・岐阜県・三重県・静岡県いずれかに在住の方

15年の夏は、デイズ ハイウェイスター X Vセレクション+SafetyⅡ(130万円)を6名様、
デイズルークス ハイウェイスター X」(150万円)を4名様、軽10名様にプレゼントという、カクケン臭いのがありました。

終了してます。

日産では、「日産プリンス千葉販売 創立65周年感謝キャンペーン」を実施中。
抽選で日産デイズ ハイウェイスターX アーバンクロム(156万円)を1名様にプレゼント。(~8/31)

※納車後1年間は転売・換金禁止とさせていただきます。
※商圏の方のみ
※DMはもちろんご愛嬌で

豆知識:19年3月にフルモデルチェンジになった三菱EKワゴン、EK-X、日産DAYZ、ハイウェイスター。

先代の事があり(下を参照)「今度は、ほんとに日産の軽です!」と言い出す始末w
エンジンはルノーのものをダウンサイズ、普通車並みの仕立てになっているそうだ。
また、プロパイロットやSOSコールなどを軽初採用している。
リチウムバッテリーのエネチャージみたいなのも引き続き採用されていますが、燃費は新型になってもライバルより劣る?

目標はEKが月4千台、DAYZが月8千台ですが、どちらも早くも目標をやや下回っていて、2年目からは6~7割ペースに。EKワゴン・EKクロスは月千台ちょっとペースになってしまっています。

燃費は先代の最終と変わらず17キロ/L前後と、やっぱりライバルには負けている。

でもタダならいいですよね?ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

20年2月から発売されているスライドドア版が三菱EKスペース、EKクロススペース、日産ルークスです。

目標EKが2400台、ルークスが9千台に対し、半導体の影響もあるであろう中でも目標くらいは売れています。

やはり、EKワゴンの地点でライバルに燃費で負けているので、装備満載ですが燃費は勝負にならないでしょう。
データが揃ってきましたが、15キロ/L前後です。

デイズシリーズプレゼント13年6月に登場の日産 DAYZ。
三菱との共同会社が開発して、それぞれから発売される 三菱からはEKワゴンです。

エンジンは三菱アイ系、CVTは日産系など、いいとこ取りのクルマが出来ました。

14年2月、ルークス発売開始。
DAYZは、14年7月に一部改良。
ルークスに採用していた、エネチャージ(みたいなの)を導入。
実燃費は、若干向上してるようです。

3年目に入り、EKは目標月5千台に対し、2000台も売れていません。
デイズシリーズは目標月8千台(ルークスは目標5千台)に対し、 合計で5千台ちょっとに落ちています。

そして、燃費不正で4~6月販売中止。
再開以降は実質値下げ価格になっていて、ライバルより割安なので5千台ペースに戻っています。

15年10月、マイナーチェンジ。
その後も、衝突軽減などを軽自動車では最上位の性能に上げた一部改良など、毎年のようにあり、
EKは3500台ペースに戻しています。

燃費は、アクセル踏まなければデイズ(EK)で17キロ/L前後、
デイズルークス(EKスペース)で、14キロ/Lくらいはいくみたい。

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る