トヨタYARIS(旧Vitz)【車情報】

終了してます。

トヨタのKINTOでは、「YARISプレゼントキャンペーン」を実施中。
KINTOメンバー登録(無料)のうえ、アンケートにご回答いただいたお客様から抽選でYARIS X(156万円)を1名様にプレゼント。(~5/7 12時)

※KINTO ONEのプランは提供されません。
※車両はKINTOのプロモーション活動にて使用させていただく場合がございます。使用したラッピングは、弊社にてはがした状態で納車します。
※取材・撮影をお願いする場合があります。内容は弊社の各種広告・宣伝物等に使用させていただく場合がございます。
※車両納車後の転売については、納車後1年間は禁止といたします。

20/2/17トヨタのKINTOについて、ブログの方に書きました。

散々な状態なためwこのご時世に、広告費を投入!1月のRAIZE(T-Connect7インチナビ「NSZT-W68T」、ナビレディパッケージ、カメラ一体型ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)「DRT-C68A」、ETC2.0、フロアマット(ベーシックタイプ)が付いたオートサロン展示の現車)に続いてヤリスも。

豆知識:20年2月、4代目ヴィッツ改めグローバルで使われていた名前ヤリスになり登場。GRも登場し、ラリーでイメージを作っているように、走りが売りのコンパクトのようです。

ダイハツ製1L+CVT、
ダイナミックフォース直4直噴の1気筒削った1.5L+CVT、6MT、
1.5Lハイブリッドの組み合わせ

目標月7800台と控え目ですが、HVの燃費が無茶苦茶いいらしいのでかなり売れるでしょう。

10年12月、3代目になったトヨタのコンパクトカー Vitz。(99年~初代、05年2月~2代目)

14年4月、17年1月に、かなり力の入ったマイナーチェンジをしたので、
新型は、まだ先と言われています。(新型ボディに時間がかかっているようです)

現在は、1L、1.3L+CVT、1.5Lハイブリッド(アクアと同じ)の組み合わせ。

販売目標は月1万台から8千台、そしてハイブリッドが追加され9千台に。

2代目から、ずっとコンスタントに月1万台売っていましたが、
現行になり、ヒドイ手抜き車で目標を下回るように。
マイナーチェンジごとにマシな車になって、そしてハイブリッド追加で、やっと目標くらい売れましたが、
その後7千台ペースに。

実燃費は、1.3が16キロ、HVはアクアより大きい分、若干落ちて23キロくらいと、
初代からずっといい数値を出せるいい車です。

ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る