地球にやさしい車屋が、実燃費でオススメする車選び

cia独自集計!カタログ燃費ではない車選び

LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability。健康と地球環境への意識が高いライフスタイルのこと。

では、LOHAS的車選びとは、どういう車選びでしょう。

まずは基本ですが、LOHAS人はウォーキング・サイクリングを選ぶそうです。

ただ、「車を排除しよう。」とか「電気を使わない、原始的な暮らしをしよう。」
という方向ではないそうなので、車を所有することは反LOHASではない。

さて、LOHAS的車選び4つのポイント

  • 中古車―ECOの代名詞「リサイクル」 車業界で言えば「中古車」
  • 燃費―LOHAS人にとってCO2削減は重要。車選びの基準は燃費
  • 車体色―黒はNG、白系やシルバー系
    (12年8月、気温35℃下のJAFのテストでは、ノアで室温25℃から青空駐車1時間後、50℃を境に5℃違った。最高は黒57℃、白52℃。ちなみに白でサンシェードしても50℃まで上昇。
    遮音、遮熱が良くなっている最近の車では、それほど差が出ない。
    普通に走らせている分には、エアコンの稼働も差はない。ただ黒は選ばないw)
  • 予算―LOHAS人が車にかける金額は300万円までらしい

だそうです。

ここ3年で、ガソリン価格は右肩上がり。
1.5倍になり、高止まりしているので、購入時の重要ポイントですよね?
実燃費※ランキングにせず、様々なボディタイプ、価格帯から、上位すべて網羅しました。

※実燃費、下の平均燃費について
当社ユーザー様の実燃費データを独自に収集。平均値、最頻値から導き出した数値です。
カタログ燃費と違い、かなり実際の燃費に近いですが、使い方や走行条件、コンディションにより、大きく変化します。
実燃費(走行条件による変化)について も、参考にご覧ください。)

トヨタ プリウス
レクサス CT200h
プリウスα、アクセラHV、
C-HRなど兄弟
アクア、カローラHV
平均燃費 2代目20キロ、3代目22キロ、現行23~24キロ
14年12月フルモデルチェンジ。
1.8Lエンジン+モーターのハイブリッド。 エコカーの代名詞。
4代目ベースのC-HRは、SUVだが小さくしているので20キロくらい
3代目ベースのCT、αは、高級・スポーティー・ミニバンにしているので19キロ。
2代目ベースのアクアは、走行条件によって変動らしく24キロ~19キロくらい。
カローラHV、アクセラHVも20キロ前後
トヨタ シエンタ 平均燃費 18~19キロ前後、ガソリン14キロ前後
15年7月、12年ぶりにフルチェンジし、ハイブリッドもアクアのものを。
6~7人乗り。ガソリン車も先代からですが、走らせ方で燃費の幅が大きいです。
トヨタVOXY、ノア
エスクァイアのHV
平均燃費 17キロくらい
14年2月フルモデルチェンジし、ついにハイブリッドが加わりました。
上のプリウス兄弟と基本的には同じものを積んでいますから、このくらいはいきます。
豪華版のESQUIREは実質エスティマ後継か?
トヨタ カムリ
SAI、HS250h
平均燃費 20キロ(走らせ方で幅は大きく5キロ前後にブレる)
17年7月登場 2.5L+モーターのハイブリッドのカムリは、世代の違いを見せつける。
09年登場 2.4Lエンジン+モーターのFFハイブリッド専用車種は、15~17キロ
ホンダ アコードHV 平均燃費 20キロ前後
13年6月登場 2L+モーターのハイブリッドのみになったアコード
サイズはクラウン級ですが、リチウム電池のおかげなどで好燃費

ホンダ Fit
シャトル、グレイス、
ヴェゼル、ジェイド

平均燃費 初代15キロ、2代目16キロ、現行17キロくらい
13年9月フルモデルチェンジ。
先代よりも若干サイズアップしましたが、燃費は良くなっています。
ハイブリッドは先代19キロ。インサイトは同じくらい、現行は22キロくらい。
(ヴェゼル、グレイス、ジェイドは、若干下がります。)

フリード

平均燃費 現行19キロ前後、ガソリン14キロくらい
16年9月フルチェンジ。フィットベースのハイブリッドですがカイゼンされているようです。
スズキ ソリオ
スイフト(含むHV)
平均燃費 17~19キロ (なんちゃってHV以外のガソリンもいい)
15年8月フルモデルチェンジ。新プラットフォームで軽量化。
コンパクトで、スライドドアで、先代から燃費もよくて人気でしたが、S-エネチャージが付いた!
ベースが同じ、スイフトのHVは19キロ前後
日産 ノート 平均燃費 初代14キロ、現行16キロ、e-power20キロ弱
12年9月フルモデルチェンジ。
1.2LアイドリングストップNAとSC付の2エンジンに。16年11月マイナーチェンジ。
三菱 ミラージュ 平均燃費 20キロ
12年8月に新登場。
タイ産になり、品質は?だが、1L、1.2L+CVTと、軽量化により燃費がいい。
(アイドリングストップ車は、もっと良いらしい。)
マツダ デミオ
CX-3
平均燃費 17キロ、ディーゼル20キロ(MTはもっといい)
14年10月から発売されているデミオディーゼル。ガソリン車も、
先代に11年6月から追加されたスカイアクティブから良かった。
CX-3は、ディーゼル4駆ATで17キロ前後と下がる。
ダイハツ ミライース
(トヨタ エポック
スバル プレオプラス)
平均燃費 22キロ前後
11年9月から発売されているミラ後継。17年5月フルチェンジ。燃費は若干落ちています。
ムーヴベースのキャストは18キロ前後、スライドドアのキャンバスは17キロ前後
スズキ アルトなど 平均燃費 25キロ (アルトエコは20~22キロ)
14年12月フルモデルチェンジ。
ベースから刷新されて軽量化。
背が低く軽いとやっぱり燃費は良くなります。
エネチャージ ワゴンR、ハスラーは20キロ前後
マツダ CX-5
アテンザ、アクセラ
平均燃費 14キロ(ディーゼル)
12年6月に新登場。フルスカイアクティブのガソリンとディーゼル。
ただ、ディーゼルのメンテナンスはお金がかかるらしい。
(アテンザ、アクセラも同じエンジン、ミッション。こちらの方が1割くらい良い)
16年12月ビッグマイナーチェンジ。ディーゼルもガソリンも数%悪い。
三菱 アウトランダーPHEV 平均燃費 14キロ~充電すると25キロくらい
13年1月に新登場。基本がEVなので充電すると燃費は無限大。
ですが、充電しなくてもHVで走るので、このサイズの車としては好燃費。

※カタログ燃費について
全く参考にもならない数値なので、ここでは一切触れていませんし、
カタログ燃費に対しての達成率!なんていうのも馬鹿馬鹿しいので言いません。
上に書いたように燃費測定というのは難しいですから。

ちなみに、11年までは10・15モード燃費でした。
現在はJC08モード燃費(切り替え時、ざっと10%下がった)、
18年10月から発売される車はWLTCモード燃費(市街地、郊外、高速道路の各モード燃費も)になります。
世界基準(WLTP)なので、グローバルカーを売っているメーカーには、既に移行している車種もありますが、ざっと5%ほど下がるくらいのようです。=WLTCモード燃費も参考になりません。

ファイナンシャルプランナーがいる車屋

人生で数回しかない大きなお買い物。


車屋、ディーラーの担当、営業マンは敵か?


ま、味方じゃないよな。


車のことも、お金のことも、よく知ってる兄ちゃんか姉ちゃんに相談できたらいいと思いませんか?


ciaにちょっと聞いてみる

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る