日産車のトラブル。輸入車カテ扱いにした方がいいのか?

新車購入した日産車のトラブル事例という事で、保証ネタカテゴリー(新車保証で直してくれないのか!?)
にしていますが、ちょっと探しただけで、こんなにネタが転がっているという事は、多発しているのでしょうか?

あまり、他の国産メーカーでは聞きませんが、カルロスゴーン会長率いる
ルノー・日産は、輸入車扱い(くらい壊れる)にした方がいいのでしょうか?

新しい車種の方が丈夫とは限らない

ちょうど、この方の車が製造されている頃、報道では6割の部品を中国などの海外品にし、
「1ドル70円でも戦えるようにコストダウンした」と言っていたが、その影響もあるのでしょうか。

Q1,新車から約2年、約4万キロでCVTが故障。CVT本体取替えました。
その後、3年、7万キロ走っていますが、また故障するのではないか心配になっております。
交換したCVTに保証はないのですか?実費なら40万円位と言われました。
仕事の車で、今までは10年30万キロを目安で買いかえてきました。
ミラバンにも乗っていますが15年13万キロですが丈夫です。
(交換した部品はタイヤ、タイベル、バッテリー、プラグ、クラッチ等消耗品位)
A1,新車保証は5年または10万kmの早い方までです。
A2.交換したCVTの保証は6ヶ月なので、今後は全て自腹ですね。CVTは耐久性が高くないので、次に壊れた時に4ATやMT車に買い替えると良いかも。
10年30万キロ、大衆車は、その走行距離を前提にした設計、パーツになっていないと思います。
A3,CVT車を2台乗り継ぎましたが、両方とも25万キロ走りました。
1台目はジャダーが出て交換。2台目はクリープが上手く出来ずプログラム交換をしましたが、
2万キロに1回、自分でCVTオイルを交換して元気でした。
オイルに浸っている機械は、よっぽどオイルに劣化が無いとダメにはなりませんよ。

エコ装備、壊れたらエコじゃない!修理が高額!

セレナ、アイドリングストップ車のトラブル3例です。

15年6月、セレナC26アイドリングストップマークが早い点滅をして、アイドリングストップしなくなるという症状が2か月ほど前からあり、
ディーラーで診てもらったところ、アイドリングストップを掌るセンサーは多岐に渡っているそうで、私の場合はミッションの油圧センサー故障とのこと。
CVTコントロールバルブの交換が必要だそうで、これ結構大掛かりな修理となるので、初回車検と同時にお願いしました。

保証期間内で無償修理。でも、その先が心配。

Q2,セレナC25です。17年6月、6年目、4万キロ弱でアイドリングストップのランプが点滅。「サブスターター&ジェネレーター不良で交換に約15万かかる」と言われたのですが、「今すぐ交換する必要もない」と言われました。
アイドリングストップが使えないだけなら全く気にならないのですが、「その他の不具合発生につながる可能性もある」と言われ悩んでいます。
メーカー保証は切れていて非常に腹立たしいです。

今すぐ交換する必要もないが、他の不具合につながる可能性もある・・・正直なディーラー整備士ですね。
で、変えないと、こうなるんですね(笑)

Q3,セレナC26新車購入、点検パックに入って車検もディラーにみてもらってるのに!
3年ちょっとでエアコンコンプレッサ故障。(自腹)
16年3月、アイドリングストップのメーターの表示灯(Auto) が点滅。バッテリー交換(自腹)
18年5月、5年半、6万キロでオルタネータから異音発生。16万円だそうです。この先、他に故障が続かないか心配。アイドリングストップは、だいたいOFFにしています。
A1,車両系の電機修理の仕事してます。その時期のオルタネーターは7万キロで駄目になるのあります。オルタネーターの制御不安でバッテリー→オルタネーターが不良になったように推測されます。
新品リビルト品、値段があまり差がないようです。
私なら値段がついてる内に車を入れ替えします。先は修理代はかかるし、オルタネーター・バッテリーの定期交換もあるし。
(Sハイブリッドのダイナモは、かなりの高額になってます。セルダイは、ダイナモ方式は無理があるんですよね。)
A3,日産だもの
A6,オルタネーターの故障は早いね。自分も先日レクサスISで発生しましたが11年、8万キロです。
新品だと13万、リビルト品で4万でした。

ディーラーでフルメンテでも、新車保証切れたら自腹

上のセレナもそうですが、この方のCVT交換も自腹。
新車が安心、ディーラー点検パックでメンテナンスも車検もフルでお任せ!という方いらっしゃいますが
別に、タダで直してくれる訳でも、割引してくれる訳でもないんです。

新車で、日産R32スカイライン(91年購入、5年目の車検後すぐ雪道をノーマルタイヤで走り廃車)
→ブルーバード5MT(追突され)→
サニー(12年目走行中、目の前にトラックのタイヤが!乗り上げ、修理に11万かかるというので)
→ティーダと乗り継いできたHさんのブログより。

今回のトラブルも、車に不運がつきまとう方だからなのでしょうか?

18年5月、6年半、約6万キロ、走行中キュルキュルと音が。何か滑ってる。CVTだ。ガタガタ振動も出るようになった。
ディーラーで整備士に試乗させると「多分CVTが滑っている」とのこと。
「CVTの交換って、ものすごく高いんじゃないの?」
整備士;リビルト品を使えば安く済みますが、それでも40万円くらいかかります。
「新車で買って2万キロのときに、ここでCVTオイルを交換してもらっているのに!?(頭を抱えて)あのティーダ、いくらで下取りします?」
営業担当;(かなり張り切り気味で)ちょっと査定してきます!8.5万円です。
「笑うしかないね。」
18年8月、預けて2日後結果見積りが出たとディーラーへ行くと、うるさい客だとブラックリストに載ったらしく、営業担当、整備士の他に店長もいて3対1に。
店長に向かって「常識的に6年半で車がダメになるって考えにくいんですが。」
店長;自動車も工業製品ですので、多少の当たり外れはあります。ですので、5年間という保証をつけさせていただいております。確かに6年半で寿命がくるのはまれですが、そういうケースもあります。
「それじゃ、このようなケースが出るのはどのくらいの確率なんですか?」
店長;難しい質問です
「これまで相当の経験がおありでしょうから、だいたいで結構ですよ。」
店長;大雑把に1~2割程度ってところでしょうか?
「えっ!10台に1台は私のような不具合が出るんですか?」
店長;いや例えばワイパーとかセルモーターとか全て含んで1~2割かなって思います。
「CVTの不具合だとどの程度ですか?」
店長;数%ぐらいだと思います。
修理見積もりを恐る恐る提示30万円。
「急な出費ですので家で相談してきます。少し時間をください。」と言って店を出た。
実は、日産本社のお客様相談室へ電話して、何とかならないものか相談していた。
要約すると、新車保証が切れてしまった車の修理費を負担することはできないし、『日産車はやめた方がいい。』とふれまわるのも自由にやってよい。「今後、日産車を買うことはない。」のならば、もう買ってくれなくて結構。
完全に開き直っておりました。
同じ程度の中古車を30万円で買うのは絶対に不可能。嫁と話し合い修理してもらうことにしました。
もうゼッテーに日産車は買わねぇ!

メーカーお客様相談室の部分から垣間見れる狂気(笑)
やはり昔、病まれてました。
相談じゃないよね。相談だったらこんな「開き直り」と取られるような言い様にならない。
どう口撃しようが、メーカーも、ディーラーも、何かしてくれる訳じゃないのに。
(なので、店長への長いクレーム口撃はカットしました。)

ティーダだから買いかえでの妥協案は難しいし。(けど、その下取り額はないわw火に油)

日産の車は危険?

おまけ。
いつものQAサイトからのネタをお送りしましたが、
最近非公開IDが増えて、ほんとか、逆ステマか、ステマか分からないのが多いんだよね。
(そんなの引用すると、バカを見る)
ただ、これは回答が秀逸だし、この記事の締めにピッタリかなと思って(笑)

Q4,日産の車は危険なの?
18年8月、社長から、秋にリース契約が終わる社用車7台(ノート5台、ヴィッツ2台)を変えるように言われ、取引先が安全面の問題で日産の車を避けるようになって来ているので、日産以外のメーカーにするように言われました。
保険会社やリース会社の方も、買い替えの時に日産車を避けている方が多かったです。
A3,取引先と社長はどの杓子定規でそう言ってるんですかね?
その杓子定規ではどのメーカーの車も危険で乗れませんよ?
それを気にするようならどんなメーカーの車にも乗ってはいけません、色んな思慮が働き集中力が散漫になり運転に集中出来なくなり周りに迷惑です。
A4,以前、新車で購入したノート。 走り出して間もなくエンスト、そのまま全く動かず。
ディーラーで見てもらっても「異常ない」と言うだけ。それを3~4回繰り返し手放しました。それ以降、日産車には乗っていません。
A9,どこのメーカーも同じですよ。個人的には今の日産の車を買おうとはあまり思いません。
古い基本設計のままで売り続けている車種が多いので。

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る