フォルクスワーゲンPOLO・The Beetle【車の懸賞・車情報】

VWグループ ジャパン株式会社では、「66FES」を実施中。

抽選でThe Beetle R-Line Meister(ハバネロオレンジメタリック370万円)を1名様にプレゼント!(~2/22 23:59)

※モデル、グレード、カラーの変更はできません。メーカーオプションも選べません。プレゼントの対象車両は、変更になる場合がございます。
※My Volkswagen会員登録が必要となります。
※3月末日までに、対象車種のご登録を完了できる方。
※1年間は転売禁止とし、1年後に名義の確認をさせていただきます。
※賞品受け渡しに伴い発生する源泉所得税はお客様負担となります。

豆知識:当時のゴルフ4をベースにビートルをモチーフとして作られたニュービートルは、日本でも99年からですから、11年以上販売されていました。

そしてゴルフ6をベースに、フルチェンジ。12年6月から、日本でも発売になっています。
13年3月には、カブリオレが追加に。
長さで一回り、幅は2回り(1800ミリ超)、高さはほぼ同じなので、かなりマッチョになっているように見える。
フロントガラスを立たせ、ルーフを直線的に延ばしたのもあり、室内は広くなっているようです。
日本人にはそんなにでっかくならなくていいんだけど。

1.2L直噴ターボ、1.4L直噴ターボ+7速DSGと、
2L直噴ターボ+6速DSG の組み合わせ

また、株式会社上越観光開発では、「岩原&上国 底力体感9年目の冬 スペシャルプレゼントキャンペーン」を実施中。

クイズ正解者から抽選でポロTSI(218万円)をプレゼント。(~3/31 17時)

※答えは 底 ですよ。
※車両納車後の転売についても新規登録日から3年間(初回車検満了日まで)は転売禁止といたします。
※源泉所得税相当額(課税対象額の10.21%)は当選者様本人の負担となります。
※賞品となる車両のグレード・カラーは変更になる場合がございます

17年は、「上国50周年!!スペシャルプレゼントキャンペーン」でルノー・キャプチャー(235万円)をプレゼント。(~4/8 17時)でした。

豆知識:18年3月から日本でも8年ぶりにフルチェンジしたポロ。
長さは4mだが、幅は175センチとゴルフ5並みに。
(ホイールベースも。居住性は先々代ゴルフ並みという事。)

1L(3気筒)ターボ+7DSGの組み合わせ。

ぜひ応募されてみては?

当たらなかったら当社で買ってください。(^ ^)

VWゴルフプレゼント

終了してます。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社では、「Golfプレゼントキャンペーン」を実施中!

抽選で、TDI*、TSI Highline Tech Edition タングステンシルバーメタリック、GTI Dynamic(DSG) インジウムグレーメタリック、GTE ホワイトシルバーメタリック、e-Golf Premium アトランティックブルーメタリックの中から1台を1名様にプレゼント。(~11/11)

※2等、50万円分新車購入クーポンは20名様に当たります。
※My Volkswagen会員登録が必要となります。
※モデル、グレード、カラーの変更はできません。メーカーオプション装備内容も選べません。プレゼントの対象車両は、変更になる場合がございます。*Golf TDIの詳細な情報は発売開始後のご案内となります。
※今年中に、ご登録を完了できる方。
※国の補助金は受給できません。
※車両納車後の転売についても、1年間は転売禁止とし、1年後に名義の確認をさせていただきます。その際に保有が確認できなかった場合には車両本体価格相当額をお支払いただく場合があります。
※源泉所得税はお客様負担となります。

17年は、VW×講談社FRaU「itLIFE by FRaU ハッシュタグキャンペーン」で限定車「up! with beats」を1名様
(ディーゼル不正による謹慎期間w)
14年は、Golf Variant × Kyosuke Himuro プレゼント キャンペーンで、TVCM撮影で使われたGolf Variant TSI Highline(310万円)を1名様にプレゼントでした。

豆知識:13年6月から日本でも発売されている現行ゴルフ7。
新しい車台(5と6は同じだった)、アウディA3はもちろん、様々な車種に使われるVWグループの力作。(100キロの軽量化)

1.2Lと1.4Lの直噴ターボエンジンも新エンジン 乾式DSGの大規模リコールもぶっ飛ばし、
もちろん自動車雑誌、評論家どもは、すべて絶賛です。

燃費が良くなるエコ技術と耳にした事があるDSGですが、最新モデルでも実燃費は13キロ前後。
満タン法だと意外と普通。

GTiは2L直噴ターボ+6MT、6DSG
Rは2L直噴ターボ+6MT、7DSG(4WD)
GTEは1.4L直噴ターボ+6DSGプラグインハイブリッド
そして、EVのe-Golfの組み合わせ。もうすぐTDIディーゼルが出る。

乾式DSGが壊れても知りません。VWに文句は言ってくださいね。
ただでさえ数年後、壊れるのが恐ろしい輸入車に、どんどん新しいギミックが追加されるなんて。
(当然、ギミックはシンプルで、少なければ少ない方が壊れにくい。)

ワゴン版はヴァリアント。14年1月から日本でも発売になっています。

日本ではワゴンがさっぱり売れませんので、選ぶとすると輸入車しかないという状況ですが、
壊れなければ、荷物もがっつり積めるし、燃費もいいし、走りもいいし、いいと思うんですけど。
「ゴルフ(ハッチバック)で十分」というお声が多いのは事実です。

1.2L、1.4LのTSI直噴ターボ+7速DSG の組み合わせ。

ワーゲンUPプレゼント

12年9月から日本で発売開始になった、 VWで一番小さな車 up!(アップ)。
ルポの後継と言われています。 (ホイールベースは10センチ長い)

サイズは、ほぼ同じ。価格もほぼ同じ。という車なのですが、なぜか評論家どもが大絶賛の嵐。

軽自動車がバカ売れな国内の市場に、黒船襲来!の扱いですから、ご存知の方も多いのでは?

ルポくらいしか売れないと思いますけど。

だって、なんだかんだで、3ドアと5ドアの4人乗り
1L(3気筒)+ロボット5MT(ASG)の組み合わせですから。

と書いていましたが、先月、日本でもマイナーチェンジという事でプレゼントに登場。

最初の1年間で1.2万台以上売れたらしいですが、それ以降の台数はリリースなし。
しかも、たった3年4年で、新車時同価格帯の軽では考えられないような激安買取り地獄!(40万も50万も違います)
大量のディーラー中古車、デモカー落ち!という現実からは目をそらせません。

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る