BMW MINI【車の懸賞・車情報】

株式会社オークネットでは、「第9回くるまマイスター検定 開催記念!大プレゼントキャンペーン」を実施中!

クイズ正解者から抽選でテリー伊藤さんが選んだ自動車(ミニクーパー店頭車両価格60万円、H20年式、6.3万キロ、車検R3/5まで)を1名様にプレゼント。(~9/30 23:59)

※リツイートすれば当選率2倍、さらに検定受検で5倍に!
※答えは トヨタ2000GT ですよ。
※車両については、納車後1年間は転売・換金禁止とさせて頂きます。

第8回はスイフトスポーツ、第6回はクロスビー、5回はスイフトRS、4回はトゥインゴ、3回はVitz RS G’s(189万円)でした。
(応募総数が意外と少ないので、検定受けて倍率上げてる方しか当たらないかも。当選者の納車式は、スイスポのページにまとめています。)

MINIの中古て、しょぼくなっちゃって。コロナのせい?(メーカーが提供してくれなかった?)

また、アップガレージでは、東京オートサロン に向けツイッター連動企画を実施中。

フォロー RTされた方から抽選で、H15年式、8万キロ弱、車検残1年半(当選発表時)の日産フェアレディZ バージョンST 6MTをアップガレージの用品で弄った中古車を1名様にプレゼント。

中古車なので、とりあえずここに書いてみた。

豆知識:14年から日本でも発売になっている3代目BMW MINIですが、
3ドアと5ドアのハッチバックが導入されています。

BMWとローバーが組んで始めた、MINIの開発は、BMWのものとなり01年に登場。
3ドアコンパクトの市場を作り上げました。が、現行は5ドアの方が売れているらしい。

18年のマイナーチェンジで、
1.5L直噴ターボ+6MT、7DCT
1.5L3気筒ディーゼルターボ、2L4気筒ディーゼルターボ+6AT
2Lターボ+6MT、8ATの組み合わせになっています。

日本の商習慣の中で、値引きゼロをずっと守っていながらコンスタントに売れているミニ。

ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

BMW5シリーズプレゼント

17年から日本でも発売されている現行BMW5シリーズ

先代とほぼ同じ、長さ5m弱×幅187センチ×高さ148センチ。
ホイールベースは3m弱ある、ゆったりとした室内は大人ラグジュアリー感が増しています。

2L直噴ターボ、2Lディーゼルターボ、3L直6ターボと2L直噴ターボPHEV+8ATの組み合わせ

フルチェンジ1年で7500台以上売っています。
(ちなみにライバルベンツEクラスは倍くらい売れています。)

ディーゼルの実燃費は15キロ/Lくらい、ガソリングレードは10キロくらい、PHEVは計測不能(笑)

BMW118iプレゼント

11年10月から日本でも販売されている新型1シリーズ。
04年から登場したBMW1シリーズが7年ぶりにフルチェンジ。
(その前は、3シリーズのコンパクト、からハッチバックの流れをくむ。
といっても、MINI同様、クーペやオープンなど派生が続々。)

3シリーズが、どんどんでっかくなっているので、 持て余す感がある方が、こちらに流れているようだ。

1.5L3気筒ターボ、2L直4ディーゼルターボ、1.6L直噴ターボ(アイドリングストップ付)、3L直6ターボ+8ATの組み合わせ

競合他社はFFなので、FRが欲しい人はこれしかない。
(が、先代よりもマシになったとはいえ、後席など室内の狭さは仕方ない。)

あと、顔が・・・。実物は写真よりは・・・。

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る