三菱エクリプスクロス【車の懸賞・車情報】

羽田空港国内線旅客ターミナル(日本空港ビルデング・東京国際空港ビックバード会)×三菱自動車工業株式会社では、「LUCKY SUMMER CAMPAIGN2019羽田でエクリプス クロスが当たるキャンペーン」を実施中。

抽選でエクリプス クロスを1名様にプレゼント。(~8/27 23:59)

※車輌展示スペースに設置されたキャンペーン案内告知パネル内の「QRコード」を読み取る事で応募フォームにいけます。
※協賛なので、DMはもちろんご愛嬌で。

18年もエクリプスクロスG Plus Package(266万円~)、
17年はノートe-power NISMO (228万円)でした。(こういう所から、日産グループを感じるとは。)

豆知識:10年2月から発売されていた三菱のコンパクトSUV、RVR。ベースはアウトランダー。

1.8L+CVT(6速スポーツモード付)のFFと4WDのみ。流行のコンパクトSUVサイズにぶつけてきました。
といっても、まず思い浮かぶライバルの日産デュアリスも、月2千台の目標に対し半分も売れていない。
あとは、RAV4やフォレスター?ちょっと違う。クロスロード?そんなのもあったね~。って、どこで流行ってるの?

18年3月から日本でも発売になった三菱のコンパクトSUV、エクリプスクロスが後継と言われています。

三菱としては久々の新型。こちらもベースはアウトランダーです。

この間にC-HRやヴェゼルなどのコンパクトSUVが売れる市場になってきている中、目標は千台と控え目。
逆に言えば、ライバルが強力な訳だが、アクの強いクーペ風の外装に、
静粛性は高い、剛性も高い、クーペのようによく曲がると、評価は上々のようです。
1年ちょっと経過して、何とか?ムリヤリ?目標くらいは台数出ています。

1.5L直噴ターボ+CVT(8速スポーツモード付)のFFと4WDと、19年6月追加された
2.2Lクリーンディーゼルターボ+8AT(4WDのみ)の組み合わせ。

燃費は11キロ/L前後と平凡ですが、タダならいいですよね?

ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る