よくある質問

よくお問い合わせいただく内容についての目次ページです

このサイトのみかたについて

トップ(上)には、HOME(表紙ページ)や、メニュー(スマホだと右上のレスポンシブメニューをクリック)で、

ciaについて(下に ブログカテゴリ一覧)、よくある質問(同じく)、車業界のこと車業界のことカテ)、ブログ(それ以外のカテゴリのブログ記事)、そして お問い合わせフォーム へのリンクがあります。

HOMEは、このサイトで人気のある記事や、最新記事だけというシンプルな形にしました。

(ここのように)見るのに3分以上かかるような記事には、最初に目次が出てきます。
目次をクリックすると、そのページの該当部分にするっと行きます。

戻ってくる時は、右下に出てくる黄色い車をクリックすると一番最初に戻ります。
(ちなみに、ここは13分くらいで見れますが、
目次ですので、リンクしている記事が気になれば、その記事を見る分がプラスでかかります。)

一覧は サイトマップ ページを、探したいキーワードがあれば、フッター(下)の検索窓をご利用ください。

一般の方には、あまりなじみのない車業界。中古車購入の悩み

「教習所以来、ボンネットなんて開けたことがない」という方も多いですよね。

以前は、Q&AサイトやSNS内などでの、
お車に関するお悩みや、ご相談、質問などに対して、
個々に回答やコメントを、していたのですが、
「それ、前に同じような質問あったのに。」とか、
「それ、直接業者さん(ディーラー、担当の営業マン)に言うだけで済む話なのに。」
というのが増えてきて、やめています。

その代わりに、ブログに引用、添削しながら、書きためるようにしています。

ciaについて、よくあるご質問

Q.ciaのクルマは、どれもいい車なのに、こんなに手頃な価格なの?
A.完全無在庫。ネットショップ化、シンプルなサービスを徹底しているからです。
詳しくは ciaの理由のある安さ をご覧ください。
Q.すぐの話ではないのですが、構いませんか?
A.はい、大丈夫です。在庫販売ではありませんし。
ただ、販売・買取りについては、商品の性格上、時期によって相場が変動し、条件にも違いが出てきますので、その点はご了承いただきたいのですが、まずは、お気軽にご相談ください。
Q.ネット通販はできますか?
A.今のところ、通信のみでの販売は控えさせていただいております。

というのも、キャンセル・返品の法律がない現状での『ネットの購入』は、お客様の方にリスクが大きいと思っているからです。
(実際、「車をネットで買うことはない」という意見がほとんどですし。)

ただ、弊社は「キャンセル・返品の前例がない」健全な運営をしておりますので、将来的にはあるかもしれません。

Q.返品・返金制度はありますか?
A.ずっと、導入したいとは思っています。
ただ、日本一リピート率の低い車屋です ので、必要性もないのかもしれないのですが。
また、他社のあり得ないトラブルなどを見聞きしますと、難しいのが現状です。
詳しくは、リターンポリシー をご覧ください。
Q. C.I.A. お車情報局を利用するメリットは何ですか?
A.たくさんあって、長文になってしまいましたので お客様のメリット をご覧ください。
Q.近くに店舗がないのですが、大丈夫ですか?購入後が心配なのですが。など
A.ネットショップという「あたらしい形の車屋」なので、ご心配があるのは当然です。
弊社としましてはもちろん「大丈夫です。」と言うしかありません。

ちなみに、弊社近隣のお客様も、遠方のお客様も、「画像で車を買う」ということは同じです。(在庫はありませんので。)
また、アフターメンテナンスについて「自社工場がない」というのも同じです。

イメージとしては、家電量販店と思ってください。
そこに全製品の在庫がある訳ではないし、各店舗に工場があって修理してくれる訳でもない。
修理の際には、受付をして、メーカー指定の工場や家電量販店の拠点工場に送って修理をし、店舗に取りに来て頂いて精算しています。

同じように、弊社に工場は1箇所しかありませんが、ディーラーで診てもらえたり、全国3000社以上の提携整備工場で診てもらえるようにサポートさせていただきます。

逆に在庫販売の車屋なら安心ですか?自社工場完備なら安心ですか?
そして、安いですか?(ディーラーも売り上げとして、収益の柱として車検や整備をしています。)
そんな業界の裏話的なことは 車業界情報のまとめ をご覧下さい。

「だから、あえてネットショップなのね。」と思っていただけるはず。

Q.車を見たい。傷の程度を教えてください。禁煙車かどうか分かりますか?など
A.よく頂戴する質問です。これも「あたらしい形の車屋」なので、ご心配があるのだと思います。
まとめてお答えさせていただきます。 全てお任せください!

弊社の売りは「理由のある安さ」です。
そのために完全無在庫のシステムを採用しました。
画像で契約をいただき、その後その車輌を仕入れて、納車の時にお車と初対面になるわけです。

このシステムで、買っていただく方法として考えられるのは2つ

現状を全て説明して買っていただく or 綺麗にすることを前提に買っていただく。

弊社は、「手軽な、気軽な車選び」をテーマにしています。
一般のお客様に、手元に車がない状態で、外装の傷や内装の汚れ具合、整備に必要な箇所などをすべて説明するのは、大変だと思うのです。

であれば、綺麗にして納車することを前提にしたシステムの方が分かりやすい。
さらに、長く乗って頂けるでしょうから、地球にもやさしい。
ということで、後者にしております。 安心してお任せ下さい。

逆に、在庫販売の車屋では、購入後のゴタゴタはないのですか?
「汚いまま納車された。」とかないですか?
そんな業界の裏話的なことも 車業界情報のまとめ や 購入記 をご覧下さい。

Q.コミコミ価格とはどういうことですか?
A.車は他の買い物と違い、車輌価格(中古車だとプライスボードに出ている値段)
だけでは買えません。諸費用というものがかかります。
5万~50万と無視できない金額なのですが、これが不透明!

弊社ではお客様の立場に立って、実際に必要な金額(これ以上は頂きませんという金額)
コミコミ価格としてご提案しております。

詳しく知りたい方は 諸費用 ページをご覧ください。

Q.オークション代行って何ですか?御社との違いは?
A.オートオークションのIT化によって登場したのが、オークション代行です。
専門の会社もありますが、多くは在庫販売の車屋さんが、来店客を逃がさないようにということで使っている手段です。
一般の人は入れない(見れない)、業者専用のオートオークション(車のセリ市場)に一般客を連れて車を見せたり、情報を見せて車を探し、欲しい車があれば業者が競り落とし手数料をもらうというものです。

弊社は在庫のない車屋です。
中古車を右から左に動かして、手数料だけもらって「ハイさよなら」という代行屋さんとは根本的に違います。

在庫のある車屋さんがやっている「在庫でなければお探しします。」は弊社と似ていますね。
ただ、考えてみてください。
もし、来店客が100%この買い方で買ったら、在庫はどうなりますか?
車屋さんとしては、仕入れてしまっている在庫車を売りたいのです。
在庫車のコストは日々かかってくるのです。
そのコストはどこから捻出するでしょう?
結局、お客様からです。
つまり、在庫車を買ったのではないのに、その車屋の在庫コストを払うハメになるのです。
やっぱりそうでした!(車屋で探してもらって・・・。をご覧ください)

Q.任意保険(自動車保険)は扱っていますか?
A.弊社は、自動車保険の代理店加盟をしておりません。
理由は、一社と契約をしてしまうと、そこの保険しかすすめられなくなるからです。
 (代理店収入は、美味しいらしいですが。)
規制緩和により、最近の自動車保険は各社特色を持たせた内容になっています。
お客様の状況によって「最適な保険会社」が変わってくる時代になってきました。
そこで弊社では、ユーザー様を第一に考え、こちら都合での保険押し付けはいたしません。
インターネットによる見積もり・申し込みをおすすめしたり、ご紹介をさせて頂いております。
Q.ローンは扱っていますか?
A.各社クレジット会社の提携先がございます。
が、こちらもユーザー様を第一に考え、こちら都合での押し付けはいたしません。
詳しくはスタッフにご相談ください。
Q.契約から納車までの期間はどれくらいですか?
A.新車は、もちろんディーラーと同じです。
中古車は、車輌の状態によってまちまちです。
弊社は代行屋さんではありませんので仕上げをするのですが、その作業が車によって違ってきます。
(頑張って綺麗に仕上げをさせていただいているということで、お客様にはご理解をお願いしております。)
一般的には、在庫を買われる場合よりも、数日だけ余分に頂くくらいで納車しております。
Q.新車も買えますか?
A.新車は「値引き交渉の代行」というサービスを提供しております。
無料サービスとして分かりやすくするために、別サイトをご用意しました。
詳しくは 車のエージェント をご覧ください。
Q.個人情報はどのように扱われますか?
A.個人情報保護法に従って取り扱い致します。
詳しくは プライバシーポリシー をお読みください。

車業界について

中古車について、よくあるご質問

Q.修復歴ありとは、どういう車の状態のことですか?
A.事故歴、板金塗装歴とも違う。あくまで、中古車の程度をみる上でのポイントの一つ。
一般の方には聞いた事もないと思われる単語もたくさん出てきますので、もし詳しく知りたいという方は 修復歴ありとは をご覧ください。
Q.この車屋さんの諸費用は普通ですか?
A.諸費用 のページに詳しく書いておりますが、簡単に言うと「普通も何もありません」
諸費用に関する法律はありません。
=車屋がどんな項目を作っても、いくらにしてもいいのです。
ということで、様々なトラブルが発生しております。
用語解説 にも例がありますので、ご参考に。
中古車って車両本体価格だけで買えないの?削れる諸費用ってあるの?リサイクル料って何?納車費用って何?車検切れの中古車の購入費用はどれくらい?なども一緒に。
Q.見積書の見方を教えて?
A.乗り出し金額(=支払い総額=コミ価格)を見るべし。
(車両本体価格だけで買えないのだから。)
Q.中古車も値引きができるの?
A.基本的にはできない。
売る側になって考えて頂くと分かりやすいと思うのですが、この情報化社会。値引きが出来るのなら、
最初から安い価格にしません?(検索でHITするように。)
まずは、問い合わせしてもらって、来店してもらわないといけないから。
中古車の値引き?いつかこの言葉を聞かない業界に

その他、よくある質問 カテゴリー

他人の失敗談は参考になると思いますので、過去の記事から選んでみました。

ディーラーで走行少なめの中古車を買ったのに シリーズ

車屋に気軽に相談なんて、できませんよね

中古車購入 小ネタ

中古車の返品?

悪質業者に名前が出ている車屋での購入記

共通ワード 泣き寝入りでしょうか?

頑張ります。

事故車、輸入車は安い のなぜ

下取り、買取りについて、よくあるご質問

Q.この買取り価格(下取り価格)は妥当でしょうか?
A.情報化社会の今、日本の中古車の8割はオークションを経由して流通しています。
 (詳しくは 中古車流通のしくみ をご覧ください。)
そして、ちゃんとした相場が形成されています。
なので、その相場から買取り価格も、中古車販売価格も、妥当な値段というのはあります。
が、相場ですから時期によって変動します。
簡単な方法としては、複数の見積もりをもらうことです。
※ただし、下のような業界なので、それなりにリスクはあります。
Q.「今日、車を置いていってくれるなら(今日契約なら)この値段」と言われたのですが
A.下のような理由で、「今の値段で提示し、即オークションで現金化したい。」
ということかもしれませんが、通常は「他に行かれたくない」ための営業トークでしょう。
Q.「事故車だったから減額」と言われましたが、身に覚えがありません。
A.よくある営業トークかもしれません。
(下に、いろいろな事例がありますので、ご参照ください。)

ここは、買い替えを検討されている方に、買取り・下取り(=愛車の売却)について、役立つ情報をまとめていきます。

まず大切な事を一つ書いておきます。

「こっちがお金をもらうのだから、中古車を買うよりリスクとかはないでしょ。」
と思っているあなた。それが違うんです。

14/9/19 事故車売りやがったのか!2
ネットの一括査定ネタと、ウソ営業の実態です。

14/9/30 買取り業者は、早く社員教育し…え?!そっちを頑張ったのね。6
あれから1年半。なぜ四輪を除外にした?

おんちゃんはよ、元トヨタ系ディーラー営業マンじゃきに

売るときのリスクって考えないでしょ?

USS・ラビット特設

ガリバーネタ
 膨大なので、有名なクレームガードなども含め、カテゴリでまとめました。

買取りにまつわるトラブル シリーズ

ビックリモーター その2

一般ユーザーの皆様は「高く売りたい。」ですよね?

ただ、中古車を買う時は?

「安く買いたい。」

ですよねー。

ということは、商売人としては安い価格にして、お客を集めたい。

その為には、安く仕入れないといけません。

さて問題です。中古車はどこから仕入れるのでしょうか?

そうです。一般ユーザーの皆様から仕入れるのです。ここが他の小売業と違うところ!

スーパーの食料品も家電も、問屋やメーカーから仕入れます。
いかに安く仕入れるかが、バイヤーの腕の見せ所。

が、中古車はその相手が一般ユーザーの皆様なのです。なので色々あるんです。。。

車検・整備、板金、チューニングなどその他の車業界について、よくある質問

最近、車検も板金も、コンビニ的なところが登場してきました。(CMなどでおなじみのところも)

また、ディーラーも1日車検とか、板金をするところが増えてきています。

そして、カー用品店や、ガソリンスタンドも続々と車検や板金の業界に参入。

一般消費者のみなさまには、
「どこがいいの?」
「やっぱり元々の整備工場や板金工場とは差があるの?」
「でも、CMしてるところの方が安心」
「ディーラーは高いけど安心」など、いろいろなお声があり、
イメージだけが先行して、よく分からないという方が多いようです。

また、昔とは違って、車が壊れなくなりましたし、乗換えサイクルもどんどん長くなっています。
エコでいいことだと思うのですが、ディーラーにとっては死活問題。

そこで、3回目、4回目の車検の時に、ユーザーとのトラブル勃発というお話もよく聞きます。

とりあえず、過去の記事を下に集めてみました。

車検はリフレッシュの為にするのではありません。

スーパーオートバックスは何がスーパー?

ガソリンスタンドはガソリンだけ売っててください シリーズ

ディーラーの買いかえ促進営業トーク集

scroll back to top