ciaについて

車の個人売買お手伝いします

個人売買は得

完全無在庫ciaならでは。個人売買仲介します。

高く売るなら下取りより買取りより、個人売買

愛車を手放す際に、オーナーの皆様はどういう方法をお考えになられますでしょうか?

出来れば高い値段がついて、次のお車の頭金になってくれるといいですよね?!

昔は「下取り」というのがほとんどでしたが、最近「買取り」も増えてきました。

中古車流通のしくみ を参照ください。)

でも、やはり一番高い値段がつくのは個人売買です。(中間業者がいないから)

個人売買のリスク

ただ、「個人売買は、手続きが面倒だし、車となると心配も。」という方は多いでしょう。

日本では、まだ個人間売買のルールが確立していません。
インターネットを通じた売買などによって、広まりつつあるかな という段階です。

なので実際に、
「車は引き渡したが、お金が振り込まれない。」
(売却後の手続きをしてくれなくて)「自動車税の請求がある。」
「故障個所を知らされないで買わされた。」
など、車ならではの問題が発生しています。

いろいろな中古車購入記 を参照ください。)

しかも、本来は(中間業者がいないから)売りたい人も買いたい人も得をするはずなのに、
売却者は相場を見ながら値段を付けるために、結構高い値段が付けられているのが現実で、
なかなか買い手が付かない場合も多いのだとか。

個人売買のお手伝いをします

そこで、当社が間に入り委託・代行販売をしています。

まず、お車の鑑定をさせていただき、
買取り相場・中古車販売相場と照らし合わせながら基準価格を出します。

「買いたい」というお客様を見つけます。
(もちろん、お客様のお知り合いに という事もあります)

その後に、買取りをさせていただく。

ここまで、手放される側のお話をさせていただいてますが、購入される側の方もお得。
そして、基本的には 当社の通常販売 と同等
(仕入れが業者のセリ市場からではなく直接ユーザーから というだけ)
で、やらせていただきます。

書類の手続きや、お支払いの手続き、保証などオプションの手続きなども、
当社と、購入されるお客様とで通常と同じようにさせていただきます。
(なので、お知り合いや親戚への譲渡でも、間に入らせていただくことが多いです。)

完全無在庫販売の当社ならでは、他社に真似の出来ないサービス!

当社ユーザー様以外の方も、
既に個人売買で売る相手は決まっているという方も、まずはお気軽にご相談ください。

消費税増税で、個人売買サービスが乱立

14/77/7 ciaは、車の個人売買のお手伝いを8年前からやっています。

はっきり言わせていただくと、大々的にプレスリリースをしてまで集客したいような、儲かる事業ではありません(笑)

が、消費税増税に合わせ、続々と大手までもが参入。

個人売買サービスが乱立しております。

しかも、在庫のある車屋さんまで・・・意味不明。
(あなた方、在庫を売りたいでしょ? 仕入れちゃってるんだから。)

ま、ガンバって。

ということで以下、便乗参入の個人売買サービス、マルチなサービスなどをまとめてご紹介します。

(最終更新H29年4月)

カートレ 17年1月スタート

三栄書房(オプション、マガジンX、ゴルフトゥデイなどでおなじみ)のグループが始めた中古車個人間売買仲介サイト「カートレード」

Carnny 15年夏予定

HP作成、アプリ開発、ITの人が始めた中古車のソーシャルマーケットプレイス

15/9/17 ガリバーさんは、ciaになりたいようです。2

株式会社ガリバーインターナショナルが始めた、個人売買仲介サービス『クルマジロ』

Ancar 15年8月β版

実家が東城自動車工業の人が始め、CAが出資の、
整備工場提携の、個人売買プラットフォーム

クルマクション 15年4月スタート

スーパーカー屋さんZing Groupが始めた個人売買サービス
こんなに後発なのに『中古車業界初』だの、新潮流だの、よく言えますよね。

16/1/5 個人売買は消費税かかりません3
それ、普通に車屋さんで買うのと変わらないじゃんwの巻。

カーコン・マーケット 14年7月スタート

カーコンビニ倶楽部株式会社と株式会社オールアバウトの始めた個人売買サービス
ご利用は計画的に の、高利貸し全盛の頃に営業畑だった方が、独立して、個人で会社買って、社長やってる、あのカーコンも参戦ですか。

mieruCAR 14年7月スタート

あの(詳しくはネットでお調べください)、株式会社エフティコミュニケーションズの子会社、
株式会社ViewPointが始めた中古車個人売買プラットフォーム
15年3月からはヤフオクと連携
15年10月からは、ヤフオク向け安心取引サービスも開始と、要は個人売買プラットフォームとしては、やっていけなかったって事ですねw

カエルナラ 14年6月スタート

株式会社CAS(フィアット/アルファロメオ浜松、MINI豊川・ルノー豊川・岡崎・名古屋東など)が始めた中古車の個人売買、交換を支援するサイト

カーライン 14年4月スタート(15年4月にはサイト消滅してました)

あの(詳しくはネオヒルズ族関連でお調べください)株式会社リンクフェイスが始めた
下取りや買取店より高く売る!販売店より安く買う!車オークションサービス

カーチェン 12年7月スタート(15年10月にはサイト消滅してました)

株式会社シンク&グローが始めた、車交換・個人売買マッチングサイト

AT-1ダイレクト 09年10月スタート

あの!南原竜樹が始めた、QRコードステッカーを利用した個人間売買支援サービス
マルチ商法を展開していたのですが、いつの間にかオート・インフォ や、Net-GS など分裂していますね。

CARTOGO 12年7月スタート

株式会社トロイカが始めた、フェイスブックを利用した、中古車の個人売買と仕事のマッチングサイト
07年4月から、SNSを利用した中古車オークションサイトを運営されていましたので、このサービスでは老舗

16年6月、サイト消滅。社長は1年以上前からラオスに居ますから。「日本では個人売買は商売にならない」という判断だそうです。

元祖といえば、ヤフオクなど、ネットオークション

利用者が増えるかもしれませんが、 くれぐれもご注意くださいね。
いろいろな中古車購入記 のヤフオク購入記などをご覧ください。)
※ストア出店者(事業者)から落札する場合には消費税かかります。
また、仕入れなどには、消費税8%がかかっているのだから、今まで通りの値段で、非課税で、という事はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ファイナンシャルプランナーがいる車屋

人生で数回しかない大きなお買い物。


車屋、ディーラーの担当、営業マンは敵か?


ま、味方じゃないよな。


車のことも、お金のことも、よく知ってる兄ちゃんか姉ちゃんに相談できたらいいと思いませんか?


ciaにちょっと聞いてみる

コメントを残す


CAPTCHA


scroll back to top