輸入車は壊れなくなった?

「やっぱりトヨタ様(レクサス、ダイハツ含む)、いや日本車はどのメーカーも、やっぱり壊れないんだね」
という、日本自動車耐久品質調査の記事がありました。

しかし、この倍近い故障率というデータを見せつけられても、
輸入車を愛する(笑)人たちには、
「やっぱ、輸入車は最新技術を投入してるから、不具合は多くなるんだよね」
なんて意味不明wな言い訳で擁護するんだよね。

もちろん、外装(球切れ)や内装(空調吹き出し口からの不快なにおい)と、
ブレーキの異音や、バッテリー上がりと、エンジン・ミッションの不具合とが、
それぞれ同じ1ポイント!?という調査である事は、頭に入れておきましょう。

軽自動車は、8カテゴリーの中で外装不具合の数値が一番高かった
というように、メーカーによっても、
エンジン・ミッションなどの大物の故障率が高いというのもあるでしょう。

でも、輸入車たちと倍違うって事は、倍壊れる
と思って間違いない。

そして、それぞれの不具合を修理するコストは、国産の1.5倍?2倍?それ以上!
「最近の輸入車は壊れませんよ」
という自動車評論家?ジャーナリスト?自称プロ?ユーザー様?
どういう事でしょうか?(笑)

輸入車壊れない

※新車購入後3年~4年半経過ユーザー(17,020人、平均走行距離3.3万キロ)を対象に、直近1年間の177項目についての不具合経験を聴取。
(外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビ、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8つのカテゴリーに分かれている)
各項目、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が小さいほど品質が高いことを示す。
走行距離が増えるにしたがってユーザーの不具合指摘件数が増えることが確認された。
年1万キロを超えると、平均1台1件以上

詳しくは J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車耐久品質調査 を

ファイナンシャルプランナーがいる車屋

人生で数回しかない大きなお買い物。


車屋、ディーラーの担当、営業マンは敵か?


ま、味方じゃないよな。


車のことも、お金のことも、よく知ってる兄ちゃんか姉ちゃんに相談できたらいいと思いませんか?


ciaにちょっと聞いてみる

コメントを残す


CAPTCHA


Topに戻る