クルマ買うのは大変?!アルファード購入記

いろいろな新車購入記 シリーズ 好評企画37弾目。

大型ミニバン アルファード・ヴェルファイア トヨタ同士の身の削りあいネタです。

08年5月に2代目になり、ワル顔のヴェルファイアが登場したわけですが、好きなんですねぇ。

アル:ヴェルが3:5と、ヴェルファイアは目標の1.6倍で売れています。
ノアもヴォクシーが出て、4.5:6とヴォクシーの方が売れ、ヴォクシー&ノアと呼ばれるようになっています。
みなさんワル顔好きなんですね。

色々つぶやきたくなるネタですので、久しぶりに僕の言葉は青で。

今乗っている車は13年落ちのエスティマ。特に車に不具合はないのだが、燃費も良くないし、見た目は古臭いし、
ええ!天才タマゴのデザインは、最近のミニバンより全然上だと思うけど
子供の送迎も嫌われるしで入れ替えることに。家族構成やレジャーを考えると、大型のミニバンが必要です。
候補となったのは、エスティマ、アル・ヴェル、デリカD:5
エスティマはスタイリングが好き アル・ヴェルは居住スペースが広くて豪華、デリカD:5は走破性が魅力。荒れた林道でもグングン入っていける。自分としては、デリカD:5が本命。続いてエスティマ4WD。アル・ベルは豪華すぎてレジャーには向かないかな。この根本が・・・

商談1回目 エスティマ
今乗っているのもエスティマなので、非常に愛着が ○スタイリングも気に入っているし、価格も手ごろ。
× 内装が今一。インパネ周りが安っぽい。シートが薄い。特にサードシートは、格納式のため補助席並み。4WDにすればギリギリ林道に突入できるか?
値引きは基本1割程度だが、特別仕様車は値ごろ感あり。交渉を重ねれば、大きな値引きが出そうだ。
デリカD:5 シャモニー 販売店特別仕様車
○ ミニバンでありながら高い走破性は、この車しかない!10年10万キロの保証は、三菱だけ。ただし、車検整備は三菱で行う必要あり。
× エンジンがうるさい。室内に変な音がこもる。内装かなり安っぽい。シャモニーならつや有りの木目パネルでなんとかいけるか
近くのA店に行くが、ここが「売る気あるのか?」というくらいダメダメ。留守番の人間もきちんと対応できないし、営業マンも車の売り込みトークさえ出てこない。こんな営業マン初めてだ。見積もり書かせたのに、名前も電話も聞いてこない。やる気ないでしょ。
別会社のB店に行く。ここは好印象。これが、トヨタの車なら間違いなく決定なのだが、三菱・・・。35万の値引き提示。ほほーやりますねぇ。かなり、D:5に心が動く。
アル ○ ミニバンではかなり高級。値段も高級。2.4Lにしてはそこそこ走る。
× 最低地上高が低い。林道は地上高、車幅とも無理。高い。ものすごく高い。
セカンドカーのイストを購入したT店に商談。「最初から、思いっきり出します」と言って提示したのが、35万円引
「かけ引きなしでがんばります!」というが、支払額が425万かぁ。まだまだだねぇ。
ベル ○ 若い年代層に受けるマスクだね。自分も好きだ。
× デザイン上、濃色の車が似合う。欲しいのは白なのだ。
N店へ。イストを買った時には、こことT店が勝負して負けた経緯あり。リベンジなるかな。営業マンはベテランさん。
少し頼りない感じだが、値引きはもってそうな感じ。あっさり40万円の値引き提示。やはり値引き額が大きい。
1回目の商談を終え、車を絞り込む。エスティマは普通なのだが普通すぎで魅力がなく対象から外れてしまった。

商談2回目 デリカD:5 ディーラー特別仕様車 しかし、内装は最悪。嫁「トラックかと思った」
まぁ、汚れを気にせず使えるのでいいかな。だめだ、グローブBOXだけでもオプションパネルをはめるかな。
D:5に心がかなり傾いていたが、T店の営業マンが熱心に売り込んでくる。
アル 自信満々に45万の値引き。社内で決められている枠を上司に掛け合ってきたので、これで決めてくれと迫る。支払総額は415万。まだまだだねぇと帰る。D:5と比べると支払額の差は65万。この差は大きい。

2月になって、そろそろタイムリミット(車検が4月)が近づいてきた。最後の交渉に入る。
嫁と息子はアル。娘はベル、そして自分はデリカD:5。いままで4WDしか考えていなかったが、アル・ヴェルは林道には入れないので、4WDはいらないということに気がついた。2WDにして最終決戦。
これで、デリカD:5に近い金額が出れば、アルかヴェルにすることにした。年に3回程度しか行かない林道のために車を考えるのも、バカですからねぇ。
え!?年3回程度の林道走りを、車選びの基本設定にしてたの!?
「燃費悪いから買い換える」と言ってながら、同じくらい?もっと悪い?燃費の2.4Lアル・ベル4WD?!
4人家族、イストもあるのなら、別の車選びがあるのではないでしょうか。
アル 車両価格343万円、税金・諸費用・メンテナンス料(3年分)204,300円、オプション728,805円 (ナビ・リアモニター・ETC・マット・塗装コートなどなど)、総額440万円 オプション付けすぎたかな。約47万円引きの総額393万円
結構頑張ったらしく「もうこれ以上は自分ではできません。」と冷や汗気味の営業マンですが、この数字がスタートです。
「1日検討する」と言って帰宅。翌日10時に約束をしたが、時間を午後にずらして、その間にN店に。
ヴェル オプション品をほぼ同じにして、2WDの見積もりをお願いする。
というか、わざとヴェルが安く見えるように少し安くする。これが最終作戦1
本命に値段を合わさせる 総額432万円(その差7万円なのですが、これが後から効いてきます。)値引45万円。総額387万円。支払額で6万円の差。
このくらいの金額になると、デリカD:5との差も小さくなってくる。デリカも乗り出しが350万円程度。
あのぉ、デリカも2WDで比較・・・しないんですよね
やはり、三菱よりトヨタにぐっと引きつけられる。この値引きを持ってT店に。実に嫌な客だ。
契約がもらえると思っていた営業マン、一瞬にして真っ青に
そして作戦2「さっきN店に言ってきたんだよ。そしたら、1回目で総額が387万。今上司がいないからここまでだけど、夕方にはいい数字もっていきますから、もう少し待ってくださいって言われたんだよね。きっと380万に合わせてくると思うんだ。Mさんから買ってあげたいんだけど380万になったら、13万も違っちゃうからねぇ。」
営業マン「2,3万くらいのオプション品なら付けられるが、金額的には無理」と泣きを入れ、奥に引っ込む。
「すみません、あと5万円だけは何とかしますが、それ以上はこのお店では無理です。」との提示。心が折れている感じ。だんだんかわいそうになってくるが、それを乗り越えてこそ営業マン。
「388万円かぁ。とりあえず、夕方のN店の金額を確認するけどヴェルにしても悪く思わないでね。」
作戦3 最後に一言「最後にもうちょっとがんばってよ。同じ金額ならこっちで買うからさぁ。夕方に連絡頂戴」といって帰る。相手の限界を知ってから、初めてそれ以上のこちらの金額を伝えます。そこがゴールです。
夕方にチャイムが。おおきた!「380万ならOKしてもらえるでしょうか?」
契約書を書いている途中でN店から電話があったが、金額も聞かず断った。総額440万円、支払額380万円。プラス、キャッシュバック3万円(いまなんじゃない?ナビキャンペーン)、 7万円(トヨタカード)ポイント還元。実質71万円安くなった車購入でした。
我ながら、鬼だな。 よい子の皆さんは、真似をしないでください。
こんな客ばかりだと、販売店がつぶれてしまいそうな気もしますが、世界のトヨタ。
利益も大きな会社ですので、心おきなく商談を楽しんでみてください。納車は3月中旬の予定。

はい、いかがですか?

ディーラーは、メーカーじゃないのですが。(ホンダディーラーは、ここ半年だけで何社か潰れてるし)

今回、下取りの程度がよく分かりませんが、もちろんゼロ査定だけど売れるかもしれないし、オプションてんこ盛りだし、 この方『トヨタの新車党』のようなのでメンテナンスもディーラーだろうからそっちの見込みもあるし、ディーラーとしては妥当な値引きなのだろう。

妥当じゃないなら、こんな裏技?

【関連】 驚きの値引きの裏は驚愕の・・・

コメントを残す


CAPTCHA


scroll back to top